妊娠中は腰痛と恥骨痛で大変でした

妊娠中、特に妊娠中期から後期にかけてとにかく腰痛が大変でした。第一子の妊娠中は自分のペースで生活できたのでそれほど腰痛も苦ではなかったですが、第二子の妊娠中は上の子の面倒を見ながらの生活だったので、ゆっくり休むわけにもいかず、そうこうしているうちにすぐ腰が痛くなるようになりました。

生活の中で辛かったのは台所仕事をしている時、特に皿洗いがきつかったです。皿洗いは途中で休憩しなければ腰が砕けそうになるくらい痛みがあり、大きなお腹がつかえて腰が反る姿勢がきつかったです。もうひとつ大変だったのは寝るときです。

お腹が大きくなるにつれて上を向いて寝るのが辛くなり、そのうち横になってねても腰が痛くて朝目が覚めた時も腰痛ですぐに起き上がれなくなりました。ちょうど布団を新しく購入した時期だったのもあり、布団が悪いのかとも思いましたが、産後は腰痛がなくなったのでやはり妊婦の時のみの痛みだったと思います。
また腰痛とともに妊娠後期は恥骨も痛くなりました。何気なく動作してる時にいきなり痛みが走ったり、寝ている時も寝がえりをうつと急に痛んだりしました。ちょっと痛いだけでなく、ピキッとした痛みでしばらく動けなくなるほどでした。

何か異常があるのかと産婦人科の先生に相談もしましたが、妊娠後期によくあることで産めば治る、と言われました。確かに産んだら痛みはなくなりましたが、この痛みは本当に辛かったです。腰痛であればある程度自分で動きを調整して休むこともできますが、恥骨痛は全く予想できず、いつ痛くなるか、と思いながら生活していました。

つわりの後から便秘がやってきた

私の妊婦生活は、ずっとつわりと便秘の状態でした。つわりのせいで妊娠初期からほとんど寝たきりで家事もままならず、1日横になって床に転がったほこりを見ていると掃除したいのに動けない自分が歯がゆかったです。
安定期に入り、ようやくつわりも楽になるかと思いきや、気持ち悪い状態は収まる気配を見せません。
それでも食欲は通常どおりに戻り、家事も少しはこなせるようになりました。

主人が「横向きに寝たら楽になるかも」と抱き枕を買ってくれたり、少しでも楽に寝られるよう敷布団を2枚ひいてクッション性を高めようとしてくれたり助けてくれました。が、やっぱり気持ちの悪い毎日の連続でした。
姑からも「とっくにつわりなんて終わってるはず」などと心ない言葉を何度も浴びせられました。
そんなこと言われたって止めようとして止められるものじゃないのに。

そんな毎日でしたが、検診のときに病院に相談したら「妊娠の形は人それぞれだから、そんなこともあるよ」と言ってもらいホッとしました。
それからは、この気持ち悪さはまだお話もできない赤ちゃんからのメッセージだと受け止められるようになりました。
あまりに気持ち悪い時は、赤ちゃんが私に「お休みして」って言ってるんだなあと考え、動かなければならないときは私も赤ちゃんに「ママこれからご用事するから、ちょっと我慢してね」とお願いするようにしました。
この子が生まれるまで、ずっとつわり状態なんだろうなと半ばあきらめもありましたがそれでも無事に産まれてくれればいいといいきかせて。

そしてある晴れた冬の朝、赤ちゃんは元気な産声をあげて産まれてくれました。私の長い長いつわりも、ようやく終わりました。
便秘は子供が生まれてからになりますが、たまたま人と話している時によい便秘解消方法があったようで早く知っていればと悔しい気持ちになりました。
一応オリゴ糖などが効果があるとは聞いていましたが、食物繊維が全然自分には効果がなかったので同じような物だろうと思ってたのですが違うようですね。
教えてくれた人も即効性があるとか言っていたのですが、以下のサイトでも同じようなことが書いてあって辛い思いをする前にもっと調べておけばよかったと思いました。
妊婦の便秘は治せます!http://xn--u9jc161vqgip5ac17j.com/

 

ほうれん草をたくさんもらったよ♪

スーパーで買い物をした帰りに、ご近所のかたから大量のほうれん草をいただいてしましました。ご自宅の畑で作っているそうですが、薹が立ってしまって売り物にならなくなったので、あとはもう処分するしかないそうなのです。せっかく作ったから食べて欲しいということで、ありがたく5束もいただいてきてしまいました。

帰ってから早速適当な大きさに切って、さっとお湯で茹でて、使いやすいようにパックにいれて冷凍保存しておくことにしました。早く食べたかったので、夕食には茹でたものをポン酢とシラスで和えていただくことに。お夕飯にと思って鮭を買ってきたところだったので、上に乗せるつもりだったバターのきのこ炒めにもほうれん草を混ぜてみたら、鮭のピンクときのこの白にほうれん草の緑が加わって、いろどりが綺麗になりました。

そういえば、うちで魚を焼くときにはグリルを使いません。フライパンで焼くので今回の鮭もフライパンで調理です。グリルって油が落ちて綺麗に焼けるんですけれど、洗うのが大変なのであまり使いたくありません。でもフライパンでもクッキングシートを敷いて焼けば、焦げ目も綺麗について焼きあがりもくっつかなくて便利です。本日の夕飯はこれに切干大根の煮付けと煮豆と漬物を加えて、いつもより豪華な和食になりました。いただいたほうれん草は甘くてしゃきしゃきでとても美味しかったです。

5束もいただいてしまったのでまだまだあるのですが、今度はこのほうれん草を使ってパウンドケーキを作ってみます。美味しく出来たらほうれん草のお礼に差し上げたいと思っています。

 

コタツ布団の片付け

週間天気予報をチェックしてGWの中で一番天気がよくて気温が高い日にコタツ布団を洗濯することが出来ました。ずっと仕舞いたいと思っていたのですが、4月は天候が悪い日が多かったし、4月くらいじゃまだまだ日差しが弱いので1日ではしっかり乾ききりません。だから結局毎年GWの天気がいい日に布団を干して仕舞うのが恒例行事のようになってしまいました。

コタツのかけ布団と敷布団を一気に洗濯機では洗えないので2度に分けでなので結構時間がかかりますね。それにいい天気なので普通に服とかも洗いたいしで洗濯機は本日はフル活動中です。でも冬場と違い1日ですっかり洗濯物が乾いて部屋干しをしなくていいのは非常に気持ちがいいと思います。冬は衣類の生地が分厚いこともあって、下手したら1週間くらい干しっぱなしなんて時もあるくらいです。

天気予報では明日も天気が良さそうなので、明日は布団を干したいなと思います。冬は干してもなかなかふかふかにならないし、夏は布団が熱を持ちすぎるので今くらいの季節が一番いいです。布団を取り込んでからふかふかの布団で昼寝をするのもすごく好きです。

ただ私の住んでいるマンションは午前中は結構ベランダに日が当たるのですが12時を過ぎると周囲の建物にさえぎられ日があまり当たらなくなってしまいます。なので洗濯モノをスッキリ乾かしたかったら早めに起きて洗濯する必要があるんですよね。今日だって休みの日なのに洗濯の為に7時半に起床です。